美術関係の仕事をしている人ってかなりセンスが高いですよね、いったいそんな普通の人が思いつかないようなセンスをどのようにして磨いているのかを聞き出したいくらいですね。
それに色使いだって非常に鮮やかだし、人の心をあっという間にとらえることができるので見ているだけでももう脱帽ものですよね。
きっと専門学校時代から非常に鍛えられてきたのではないかなと感じました、卓越した色使いやデザインを展開していく姿を見ているともうため息ものです。
自分も彼らのようにほんの少しだけでもいいので近づくことができないのかなと思っていると色彩検定の文字が見えてきました。
色彩検定は色使いなどを判定する試験でなかなかレベルが高いといわれているくらいです。
合格できるかどうかわからないですが、自分のセンスをしっかりと磨くためにも色彩検定にチャレンジしてみるのだって悪い話ではないですよね。
きっと挑戦することでセンスを磨くことができそうです。