簿記というのは会社やお店を経営している人だけでなく、どのような分野で働いている人にも役に立つ資格です。
1っ級などになるとそれこそ専門職のようになってしまいますが、基礎である3級くらいならば勉強して損はないと思います。
それというのも簿記の基礎がわかっていれば、会社の経営状態やお金の流れを理解することにつながるわけですから営業などをしていても交渉などの幅が広がることは間違いありません。
そして年に4回(場所などによって多少の違いはあるかもしれませんが)ほど簿記検定の日がありますので試験を受けやすいというのもあります。
やはり勉強を始めても試験が一年に一度などではモチベーションを保つのが難しいものです。
けれども簿記3級ならば3か月ほど勉強すれば合格するのも難しくないと言われていますからいつでも勉強を始められますし、試験もすぐに受けることができるわけです。
そしてすぐに結果もわかるわけですから、資格をとってみたいと思っている人にはおススメのだと思います。